出産当日、娘が産まれて3時間後にエネ夫&トメ病院に到着。トメは産まれたての娘を抱いてる私の前で「よくもまあ役立たずをまた増やして・・」とほざいた。もちろん離婚そしたら…

スポンサーリンク
スポンサーリンク


入院中エネ夫に洗顔料を持ってきてもらおうと
電話した所(←もう家にいる時間帯)
つながらなかったので2時間おきくらいに電話した。 

夜中の0時過ぎても全くつながらないので
何かあったのかと思い義実家にかけてみると 

トメが出て「こんな時間に電話なんてふじこふじこ!」とふじこってたので 

とりあえず「夫君の電話がつながらないのですが
何かあったのかと思い電話しました」
と言うと
「ムチュコタソならまだ帰ってないわよ!
浮気でもしてるんじゃないのぉ~?」
とほざいていたのでとりあえず日記記入。

次の日見舞いに来たエネ夫に問い詰めるとアッサリゲロ。

この時はレコーダー回しといて本当によかった。
どうも元彼女と逢っていたそう。

私の事を相談していたら勢いでとかなんとか言ってた。 

そして「お前がやらせないからだろう!
こうなる事くらい予想できなかったのか?自業自得だ!」
と逆ギレし私を責める始末。 

入院費用とこれまでの給料の半分は義実家での生活費だったが
もう半分は子の為の貯金として
貯めていたのでとりあえずエネ夫には
退院は検査がある為明日になると連絡し、 

退院手続きをその日の午前中に済ませ、
トメがいない昼間(←昼はいつもトメ友とランチ&買い物で19時頃まで
帰ってこないらしい)に自分の荷物を持ち出し
(←衣類や貴金属、通帳や印鑑しかなかった) 

居間のテーブルの上に「実家に戻ります」と置手紙を書いて
自分の実家に一度帰ると連絡して車に荷物を詰め込み義実家を出た。 

私の両親はとても心配していたようでとりあえず実家に着いて事情を話すと
両親共泣いていた。
私もこの時結婚以来初めて泣いた。

 

とりあえず父の古くからの友人の知り合いに
離婚関係の弁護士がいるらしくその方に相談して
離婚の話を進めていく事にした。 

実家に帰った日の夜にエネ夫から
携帯に電話がきましたがとりあえずシカト。 

すると実家の方にトメ電がきました。 


スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ