トメの嫌がらせに精神も体力もやられ実家へ泣きついた→母『自分の身は自分で守りや!後は守ってあげるから!』私『よし!』決意し何かが吹っ切れた私は・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私の身長が高いのと大阪弁なのが気に食わないトメ。

何か喋ると「変なの(プッ」と意地悪げに笑い
歩けば「女に見えないわ~。下品に見えるし」と憐れみの目を向け
気に食わない事があると「もう大阪に帰れば?」と言う。

旦那に注意されても、性根の問題なのでちっとも解決せず。
むしろ「あの子に言いつけるなんて、性格悪いわね」と、またネチネチ言われる。

少しずつストレスが溜まり、アバラが浮く程痩せてしまっても
「痩せてもデカいのは変わらないのねww」と悪びれも無く笑う。

体格に反比例して気の小さい私は、トメの口撃に太刀打ち出来ず
とうとう実家の母に電話で泣きついた。

せめて愚痴でも聞いてくれれば・・・と思ったが



スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

引用:修羅場ほか速報
画像出典:pixabay.
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ