義実家の法事で私だけご飯がない→トメ『欲しかったら膝つけてお願いするべきよね~』私「そんなわざとらしい態度、この人の前でもするんですか?^^」トメ『』→

周りの親戚の方は私をちらちら見て
気まずそうにしており、旦那は姑になんで
嫁の分がないんだと怒ってくれた。

姑は私の方をみて「だって嫁さん来る
なんて知らなかったし〜」とニヤニヤ。

「欲しかったらちゃんと正座なりなんなり
膝つけてお願いするべきよね、直接」とか言うの。

私はそんな姑をみつめてニ〜ッコリ微笑んで

「姑さんったら、そんなわざとらしい態度
この男性の前でもするんですか?」って
姑が1人の男性と抱き合ってる写真をばらまいてやった。

親戚や旦那はビックリし過ぎてかたまっていた。

「それ、コピーですから好きなだけどうぞ。
まだいくらでもありますから」というと
「これは違うの!違ううぅううう!!!
みるなぁああ!!!」って慌てて床に膝ついて
ばらまかれた写真を広い集めた。

私はそんなのほっといて帰ろうとした時に、
舅がすくっと立って姑に「覚悟しとけ」と言うと、
隣の部屋に行ってしまった。

「あなた違うの!これは!これは嫁がかってに!
あなたぁあああ!!!」とか無様に叫ぶ姑の姿を
みて私はすっきりしたから、旦那を置いて帰ってきた。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

引用:修羅場ハザード
画像出典:pixabay