嫁の友達から俺にメールがきた →『愛を注入して下さい(ハート)私の滴が、俺くんの白い愛を受け止めたいと訴えています』→ 迅速に対応した・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

それからは嫁さんたちが主体になってお互いの家で月1~2回程度夕飯を一緒にという仲になっていった。 
Aは料理もウマイし話題も豊富で何より嫁を可愛がってくれていたので、とにかくAには感謝していた。
 
そんなAはさかなクンさんにクリソツで当時のイメージは髪がサラサラのエラ呼吸としか思ってなかった。
 
んで出産時期の2ヶ月前くらいにA夫からリフォームしたいから見にきてと連絡があったんだ。 
実際、顧客ゲットしたいというのもあって頻繁にA夫婦宅のマンションに行って提案したり、 
現調しに行って嫁さんたちが仲良いというのを考慮して結構安い金額で見積りを出したら 
他よりも安かったみたいでウチの会社で工事ってことになった。当時はやったぁ!な気持ちだった。
工事(ウォシュレット取付・クロス貼替)も無事完了してみんなニコニコ顔だったのは覚えている。
そして出産時期になり嫁とAは時期が若干違った為、入院生活は1日しか被らなかった。
退院後も嫁とAは頻繁に連絡を取っていて落ち着いたら遊ぼうねみたいに言っていた。
 
久々の再会は子供の首が据わってきた頃にA夫婦宅に遊びに行った。 
A夫がいなかったので、どうしたの?と聞いたら出張だと言っていたので、大変だね~て感じで返した。
嫁とAは久しぶりに会うので会話は尽きないようで夢中で話していたが、 
ウチの子が泣き始めたので嫁がおっぱいをあげに別室に案内されて消えて行った。
 
Aとはこたつ越しに向かい合って座って話していたのだが、その時に俺の股間を何かが触れた…
んんん、ペットなんていたかなぁと思っていたら、触れていたモノが上下に動き始めたんだ。 
俺は慌ててモノを掴んだらAの足だった…orz 
思わず小声だったがこういうのはやめましょうよと言うのが精一杯だった。


スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ