このままで妊婦と子供も死ぬという状況で、帝王切開の承諾サインを邪魔した姑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

30年前に麻酔が効く前に母のお腹を切ってもらい
無事に産まれた私が通りますよ。

心音が低下してこのままでは「私も母も死ぬ!」と言われたのに
ばあちゃんが(姑)「病院で産むだけでも金かかるのに切るともっとかかる!ちゃんと下から産め!」と承諾のサインをする父の邪魔をしたそうです。

もめてるから時間がかかり麻酔の効き目を確認する時間もないぐらいせっぱつまっての帝切だったらしく母が「氷冷たいです~」と言ってるのに「そのうちに効いてくる!」と医師に言われて切られたそうです。痛いよりも熱く感じたらしい・・。

手術室で腹切り中もばあちゃん(姑)の鬼の声「下からうめ~」は聞こえてたらしく
痛いよりも辛くて泣いたそうです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

引用:妊婦の修羅場
画像出典:pixabay.
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ