私「誰か助けて!!」トメ「ふふふw」→妊娠中にトメに寝室に鍵を掛けられバルサンを焚かれた結果…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昔の話なんだけど、妊娠して悪阻が酷くて寝室で休んでたら、トメに
寝室の鍵をかけられて、バルサン(だっけ?煙の出る殺虫剤)を焚かれた。

鍵は取手?の部分が外されてて、内側から開けることが出来なかった。
寝る前に枕元にあった筈の携帯も見当たらなかった。
偶然、先日まで弟に貸してたウ○ルコムを返して貰ったのを思いだし兄と弟に電話した。

兄と弟が駆け付けた時、玄関の鍵は開いてたらしく、兄が寝室のドアを蹴破って助けてくれた。
助けて貰った時に意識はあったんだけど、病院に着いたらら何故か失神してしまった。

私の意識が無い間に、赤ちゃんは空にいってしまって、余りにも実感が無くてただ呆然とした。
兄が旦那に連絡してくれて、旦那も慌てて駆け付けてくれた。
旦那も泣いたりして、トメとは絶縁別居しようと言ってくれたと思う。
でも、私は同居を続けると言って、バルサンも自分で焚いて寝てしまったと自分で言ったらしい。

きっと、この時から私は鬼になったんだと思う。



スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

引用:鬼女乱舞
画像出典:pixabay
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ