夫が女を連れ込んで私に見せつけてきた→『家政婦のババアだ、気にするな』女『ップw』私「…」→ある日、夫がよくない筋の女をひっかけてしまいボコボコに→助けを訴えてきたので・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「誰だテメー!」と聞かれ、
「家政婦のババアです」と答えた
別に「妻です」でも事態は変わらないだろうけど、
夫に対する嫌味のつもり
「本当です、その女の人も私を知ってます」と言った
その女がこの家に来たことがある女かどうか覚えてなかったが、女は頷いた

私は解放された
「ここで見たことは誰にも言うんじゃねーぞ」

「言ったらどうなるか…わかってるな?」
そんな臭いセリフを男たちに投げかけられ、
こみ上げてくるものを堪えつつ顔を伏せて頷いた
震えてるとでも思ったのか、男たちは
「口つぐんどったら何もしねーよ」
と私に言い、家に戻った

もちろん、怖くて警察には言えなかった

夫は男たちが私を解放するほどバカで喜んだかもしれないが、口止めは効果絶大だった(棒)
財布に入れてた夫のクレカの家族カードがあったので、二晩ほど安いホテルで過ごした
それから家に電話をしたが誰も出なかった
家に帰って、いつでも110に繋がるようにしてそっと中に入った
期待と裏腹に、少々の血痕以外何も変わったことはなかった
夫の財布も転がってて、現金は無かったがクレカや身分証は残ってた


スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ