結婚して半年・・身体に異常がみられ病院にいくとありえない病気に。旦那に問い詰めるとあっさり自白→ブチギレ!クズ『嫁のくせに我慢が足りない!』と私をボコボコにしてきた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
友人呼んで病院逆戻り。

通報するかどうかを聞かれましたが断り、
診断書をいただき、家のカメラと録音機を回収し、
まとめておいた荷物をもって実家に帰った。

弁護士いれてさくっと離婚。

フーゾク通い、せい病感染、DV…
治療費と慰謝料ともらったけど、
病気と怪我と恐怖心や不信感との引き替えにしては軽すぎる。

旦那は隠しカメラや録音機、慰謝料の額にぶちギレて、
「あいつはなんて汚い女なんだ!」と被害者面して言い触らしてる。

「フーゾクくらいでひどい!!」と責めてきた共通の友人が
何人(男だけじゃなく女もいた)もいたんで、
片っ端から感染のリスクや私の怪我の写真を送り付けといたんだが、
謝罪する人、黙る人、「それでも乗り越えるのが夫婦でしょ!?」と逆ギレする人、多種多様だった。

趣味で集まった仲だったから辛いけど全員縁切り。

元旦那は学生時代に不良にカツアゲされたことがあって、
「絶対勝てる相手をなぐるなんて弱い証拠だよな」と何度か言っていた。

派手な女性が大嫌いで、茶髪や化粧を嫌がり、
特に嬢やホステスに嫌悪感持ってた。

「せいを売りにして男から金を巻き上げるなんて最低の商売だ」
「なんで高い金だしてあんなのと飲まなきゃいけないんだ」と言ってたのに、
フーゾクはありだとか…

せめて先に言ってくれたら結婚しなかったのに。



スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

引用:怒り新党
画像出典:pixabay
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ