私達が結婚した時、義姉「別に祝う気ないから」と式&披露宴にも顔も出さず、以降没交渉→この度、デキ婚することになり…「お祝いに○○が欲しい」私「祝う気ないですから」 2コメ ツイート シェア B!はてブ 共有

私達が結婚したとき「別に祝う気ないから」と言って、夫や義両親がどんなに言っても、
式&披露宴に顔も出さなかった義姉。
以後もずっと没交渉。

このたび10近く年下のほぼ無職男と出既婚することになった。
お祝いに○○が欲しいと言われたので、「祝う気ないですから」で電話を切った。

「気持ちは分かるがあの子も今とても困っているから」という義両親には
「私も当時はずいぶん困りました」で通した。

義理家族じゃないけど、着信拒否にして「あとはもう俺は知らない」で通してる夫には
「そうやって、縁を切ってるポーズで私にツケを回すだけなら、私は本当にあの人たちと縁を切るよ」
と言った。

10年ぶんの吐き出しだった。気持ちよかった。

今後、妊娠生活や育児に関して今まで義姉から言われた非人間的な言葉を逐一そのまま返すつもり。
ある意味ものすごい燃えている。

自分が歪んでたり壊れてたりなことも自覚あるけど止められない。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

引用:修羅場な話まとめ
画像出典:pixabay.