妊婦A「体調悪いから人呼ばないで」→A夫「ただいま!料理頼む!」A「…。」会社の同僚や部下達と連日宅飲み。さらに、部下「念のため親子鑑定した方がいいっすよ」→

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Aさんの元旦那Bは、同僚や部下を招いて、
Aさんの料理をつまみに、しばしば宅飲みをしていた。
Aさんが体調不良を理由に断っても、
Bは同僚や部下を連れてきて、
Aさんにつまみを作らせた。
宅飲みはAさんが妊娠した後も続いた。

その中でも、Bの部下Cという男は、

宅飲みに来ては、Aさんを不快にさせていたという。
「貞淑そうに見えても女の本質はふしだら」
「托卵ということもあるから親子鑑定をした方がいい」などとBにたきつけ、
C以外の飲み仲間も同調するので、
そのうちBも「お腹の子は俺の子か?」と言い始めた。

臨月に差し掛かったある晩、
いつものようにCが不愉快なことを言い出して、

Aさんと口論になった。
「お腹の子がBの子どもではないから怒るのだろう」
「不倫相手はどんな奴だ」とAさんを罵り、
Bも「お腹の子は俺の子ではない。もう離婚だ」と発言。
その場にいた同僚、部下は誰もB,Cを止めなかった。

離婚を考え始めていたAさんは、

それらをこっそり録音しており、
Bの同僚、部下がが酔いつぶれた後、家出。
一晩をホテルで過ごし、翌朝、新幹線で実家に戻った。


スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ