不妊治療を20年以上続けてきた。嫁(45)「まだ諦めない!」俺(48)「離婚してほしい…」→とんでもない事に・・・

俺48。嫁45。
友人には孫が生まれたという話もチラホラ聞こえる年齢。

しかし俺はもう嫁と一緒に生きて行くのがしんどくなった。
離婚したいと申し出た今が修羅場。

結婚したのは20代半ば。仲間内の中では早い方だった。

が、子供が出来なかった。
嫁と一緒に検査を受けたら双方に少しずつ原因があった。
俺の方は精●が少なく、嫁は排卵障害と着床不全らしい。
が、治療すれば妊娠の可能性も十分あると言われ
子供欲しさに不妊治療を開始した。
だが結果が出ない。
俺が40歳になった時、精一杯やった、もう諦めようと言った。
だが嫁は諦められなかった。
自分(嫁)が40になるまでやらせてくれと。
だが40になっても諦められないようだった。
約束だ、これで終わりにしようと言ったがだめだった。
俺の精●を冷凍保存したいと言い出した。
そうすれば嫁が嫁のタイミングで勝手にやるからと言った。
その言い方に腹が立った。
生まれて初めて人に手をあげた。
初めて人を叩いた自分に動揺した。
嫁は泣きながら頼むからそうしてほしいと懇願し、
俺は叩いてしまった罪悪感から受け入れてしまった。
けど、妻にとって俺ってなんなんだ?という気持ちが
その頃から少しずつ膨れ上がってきた。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

引用:かぞくちゃんねる
画像出典:pixabay