幼少期、昼寝から目覚めると家に見知らぬ母子がいた。私「誰?」母親「あなたこそ誰?なんでこのうちで寝てるの?ここは私の家よ!」→ 衝撃の真相・・・

子どもの頃の話。 
前提としてうちは田舎で、当時、日中はどの家も鍵なんかかけてなかった。 
 
当時私は(たぶん)幼稚園児で、夏休みだったから家で昼寝してた。 
ぱっと起きたら横に知らないおばさんと、自分と同じくらいの年頃の女の子がいた。
 
「誰?」
 
って聞いたらおばさんが
 
「あんたこそ誰?なんでこのうちで寝てるの」
 
って言う。
「ここは私ん家だよ」
 
って反論したんだけど、おばさんは
 
「おまえなんか知らない!うちの子はこの子だけだ出てけ!」
 
と怒鳴った。
 
私はわけがわからなくて、親以外の大人に怒鳴られたのが怖くて家を飛び出た。 
 
おうちがなくなってしまった。 
おかあさんはどこにいったんだろう。
二度とおかあさんにも友達にも先生にも会えないかもしれない。
 
絶望しながら遠くまで歩いた。
 
日が暮れるまで外を歩き回って、でもお腹がすいてどうしようもなくなって家に戻った。 
そしたら家にはちゃんと母がいて、おばさんと知らない子はいなくなってた。 
よかった、あれは夢だったんだ…と思った。 
 
でも翌日になったら、またおばさんとその子が来た。 
私は、ああやっぱりあれは夢じゃなかったんだ… 
この家はやっぱり私のうちじゃなかったんだ…と絶望して家を2人に譲り、また外をうろついた。
 
自分の頭がおかしくなって、人の家に迷惑をかけてるんだと思った。 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする